ケツガとチチガの起因

輩は誰しも苦痛を抱えながら生きていて、それと上手に付き合いながら生活しているものです。

 

そういう苦痛の中でも深刻に見まがうもののひとつに、ワキガがあります。ワキガは、父母ともワキガの場合は75%、片親だけの場合でも半数という高い確率で、遺伝するということが分かっています。

 

また女児の場合、初潮を迎えるときに同時にワキガになることも多いのですが、これは夫人ホルモンがそれまでよりも数多く分泌されるようになり、身体の中の配分が大きく変化するため、起き易くなるのです。

 

このように色々身体のトランスフォーメーションが起き易く、思春期特有の落ち着かない内心状勢って重なってしまうため、父母は美しくちびっこの印象をうかがってケアできるように努めることが大切になります。

 

思春期の時期にワキガの発症が多いのは、ワキガのもととなるアポクリン腺が第二性徴と共に発達するからです。

 

このことから、もし父母がちびっこによって、ワキガ治療のオペレーションを考えたとしても、この時期にオペレーションをするのは避けた方が良いです。

 

なぜかというと、この時期にオペレーションを通じても、これからワキガが再発する可能性が高いからです。ワキガのオペレーションは、脇の下の表皮を先ず剥がして、アポクリン腺を一つずつ手で省き、表皮を元通り縫合やるという内容のものだ。

 

ただし、アポクリン腺がまったく未開発で、後ほど発達したグッズを通じて再発するについてが多いのです。ですので、もしもオペレーションをするとしても、惜しくも大人になってから行なう方が良いでしょう。

 

こういうアポクリン腺は、となりだけではなくへその四方や乳首周囲、オチンチン周囲、おしり周りにも集中しています。

 

そのため、これらのいずれのスポットからもワキガを発症することがあるのですが、オチンチン周りのものを裾ワキガ、おしり周りのものをケツガ、乳首周りのものをチチガとも呼ばれています。

 

チチガ,対策,治療,ケツガ

 

こういういずれかの部位にワキガがあれば、他の部位にも発症することが多くあります。たとえば、チチガとケツガを併発することもあるのです。

 

別に夫人にとっては、こういうチチガとケツガを併発するという、苦痛は深くなります。

 

殊更セックスをするときに乳首からチチガの臭いがしたりおしりからケツガを臭いがすることで、ダディから嫌われてしまうことが怖くなってしまう。

 

頭は夫人のサインですし、おしりはセックスのときに女性は乗り物を解くことが多いので、大きな苦痛として抱えることが多くなるのです。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを消毒↓

チチガ,対策,治療,ケツガ

 

チチガの苦痛TOPへ