ウルセラドライは?

ウルセラドライはワキガ治療法の一つだ。高密度超音波をワキに当てるって汗腺だけに意気込みダメージを与えることができ、汗をかかなくなるので臭いを引き下げることができます。

 

日本では川崎中間病舎だけがウルセラドライを行っています。超音波はスキンを痛め付けることがないので、手術やボトックス注射のように傷跡が残りません。

 

シャワーはオペを受けたお日様に受けることができ、お風呂上りには軟膏を塗る以外は生活といった変わりません。

 

週後に検診にあたって作用に幸運すればワキガから解放されます。治療年月やダウンタイムが少ないので、短期の休みもオペを受けることができます。

 

ワキガに耐える人は、臭いで周囲に迷惑をかけるポイントだけでなく、手術をしたことすらいたたまれないと感じることがあります。

 

ウルセラドライは長期休みを申請する必要がなく、オペ後はノースリーブを着ても跡が思い付かので精神的な動揺を切り落とします。

 

1度オペを受ければ汗腺に十分なダメージを与えることができます。

 

賃料は30万円前後で、先生がワキガって診断しても保険は適用されません。オペの成功率には個人差がありますが、1回のオペで70百分比の汗腺は機能しなくなります。

 

臭いについて硬い苦悩があり、一段と汗を少なくしたい場合は2回瞳以降のオペを開始します。川崎中間病舎では2回瞳からはオペ価格を半ばに減らしているので、気になった場合はオペを検討すると良いです。

 

オペ内側は麻酔によるので、オペを繰り返しても身体的な異常は抑えられます。アイシング機具でスキンを急速に冷やせば、超音波の意気込みでヒリヒリした感情も和らぎます。

 

ほとんどの病人が、2回瞳のオペを受けると治療の必須を感じなくふむふむ臭いへの苦悩が払拭できます。

 

ワキガは臭いのスケールにて重症度が違いますが、ウルセラドライは全ての人に対応してある。簡単なオペ法なので児童のワキガ治療にも選べるほどだ。

 

しかし歩行クリエーターなどの電子機具をカラダに埋め込んでいる場合や麻酔にアレルギー機能を起こす場合はオペを受けられないことがあるので、先生とのコンサルテーションで思う存分話をする必要があります。

 

川崎中間病舎ではワキガというデリケートな病状において、メイルも要請を受け付けてある。

 

コンサルテーションってメイル要請は不要なので、オペに対する苦悩はメイルで要請し、オペを受けるって決断したらコンサルテーションで先生といったストレート自分の体のことを説明するといった良いです。

 

↓チチガ・ワキガ・スソガの臭いを消毒↓

チチガ,対策,治療,ウルセラドライ

 

チチガの苦痛TOPへ